賃貸物件を借りる時に利用する

手を上げる男性

賃貸保証会社は、賃貸物件を借りる時に利用するもので、保証料を払えば利用できるようになっています。だから、連帯保証人となってほしいと誰かに依頼できない場合でも、連帯保証人の代わりをしてもらえるので利用する人は増えています。ただどこに依頼しても同じ訳ではなく、利用料金、さらにそのサービス内容も大きく違っている場合も少なくありません。したがって、まず利用する際はどこに依頼するかを決めなければなりませんが、その時の選び方としては料金、サービス内容を見て選ぶことができます。またその場合は1つの会社だけを見るのではなく、4つ、もしくは5つくらいの会社を比較してみておきます。また免責に関しても調べ、出来るだけ契約書の内容をよく見てから選ぶようにします。

連帯保証人の代わりに保証してくれる

男女

賃貸物件を借りる時に保証会社の方に払う費用が保証料と呼ばれるもので、これを払うと連帯保証人を用意しなくても賃貸物件を契約できます。しかし一般的には家賃などの金銭に関係するものに対しての保証であり、管理会社のように騒音などの対応をしてくれる訳ではありません。またそのサービス内容は賃貸保証会社によって違っており、代位弁済が主な内容となっているものもありますが、それ以外の保証が付いているものも存在しています。例えば明け渡し訴訟や弁護士費用、さらに退去後の原状回復に関しても付帯している場合もあります。出来るだけ内容が充実しているものを利用する方が、もし万が一入居者に何かトラブルが発生してしまったとしても、家賃保証会社のほうから保証してもらえます。ただ内容によっても保証委託費が違っている場合も多いので、実際に加入する際は内容だけでなく費用も見て契約する形が一般的です。

利用する大きなメリット

模型

一般的に賃貸保証会社は連帯保証人となるサービスで、家賃の滞納等があった場合に立て替えて払ってくれます。これを代位弁済といいますが、もちろんボランティアではなくビジネスなのでその立て替え分は後から請求されます。ただ、現在では核家族化も進行しており、なかなか自分の親族に連帯保証人になってほしいと頼めない人も少なくありません。そのため賃貸保証会社はさまざまな状況に置かれている人が賃貸物件を借りやすく出来ることから、利用者は増えている状態です。とはいえ誰でも利用できるものではなく、実際には入居申し込みをするときに審査が行われ、利用しても良いと判断されたときのみ利用できるようになっています。ただ、金融機関で融資を受けるときよりもその審査基準は厳しくないと一般的には言われており、利用しやすいサービスとなっています。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中